記事検索

オススメ





人気記事
ドリームスタジアム太田 群馬

群馬県太田市のドリームでスタジアムなボウリングPJ-vo1 (UPDATE 2017.10.16)

暑い日差しの中訪れたのは群馬県太田市、この地でボウリングに関するBIGプロジェクトがスタート 詳細を調査しに現地入り実施 まさにドリームでスタジアムなお話でした

ボウリングボール情報

9月のボウリング用マイボール発売ラインナップ情報まとめ (UPDATE 2017.09.30)

2017年9月に発売された新作ボウリングボールをまとめましたよー 新しい玉買ったのに、思ってた動きと違ったーなんてことが無いように、よく調べて買いましょう 和義コメントや「俺の3玉」も参考にしてくださいね

ストームフェア2017 ボウリング

Love Bowling愛の伝道師DAVE SYMESを探しに (UPDATE 2017.10.04)

毎年楽しみにしている秋のイベントストームフェアに行ってきました 今回はフェアの模様というよりもなかなかお目にかかれない人が来るそうなのでなんとしても話を聞きたいと思い行ってきましたよー

ボウリング 人気ボール
 某Y氏@相模原 : 

Brunswick MAGNITUDE・035 マグニチュード・035


 本国BWのデモVの激しい動きを先に視てしまうと結構動くボール... 
(10/19)
 Light-Staff : 

PRO-am INVADER NEO インベーダー・ネオ


 ホームのプロチャレコンディションでのオイルひきたてコンディシ... 
(10/15)
 エイオキ : 

STORM SWORD PERFECT ソード・パーフェクト


 ボウリング仲間のボールを借りて投げた感想です。 とにか... 
(10/11)
 エイオキ : 

Brunswick Tour Quantum ECS ツアー・カンタム ECS


 ボウリング仲間のボールを試投させてもらっての感想です。 と... 
(10/11)
 ☆ : 

TRACK MAKO ATTACK マーコウ・アタック


 普段205アベの私ですが、センターの夜の大会で初投げしたとこ... 
(10/11)

PR





約1ヶ月ぐらい前からでしょうかチラホラNETで情報が散見されていた大会PBAリージョナルツアー イン ジャパン

 

ぶっちゃけ「取材どうしようかなぁー」ぐらいに思ってた案件

はいはいそこのア・ナ・タ!近いんだから行けよとか言わないでください(# ゚Д゚)

だってプロボウラー出ないって噂だしー

いまいちシステムが良くわからんしー

いろいろ取材溜まってるしチャレンジも行かなきゃいけないー

プレゼントの抽選とかやらないといけないしー

その結果本件

放置

(・∀・)

日曜のボウリングの日に↓大会ポスターを某ボウリング場で改めて見て「あっ忘れてた(・∀・)」状態

PBA JAPANリージョナルツアー

来月のスケジュール調整の為にももう一回真剣に内容を調べて見ることを心に誓いボウリングの日を満喫

帰宅

調べ中

細かい説明は後にして

なんてことでしょう

あんなに興味薄かったコノ大会、実はごっついチャンスではありませんか

※↑大◯◯!!劇◯ビフォーアフター風に読んでくいださい

 

7月5の開幕戦である

  • PBAウィメンズ・チーター・オープン
  • 女子限定

7月6の2回戦目である

  • PBAチーター・オープン
  • 男女混合HP無し

PBA リージョナル・ツアー・イン・ジャパン

 

これだけ見たら普通と言うか賞金すくねー大会だなぁぐらいの印象ですが

もう一個但し書きが!

但し書きを加えると

PBA リージョナル・ツアー・イン・ジャパン
そう

日々練習に勤しむアナタもそうでないアナタ

現金お持ち帰りチャンス到来です

だって噂通りJPBAのプロボウラーは出ないとの事

完全に試合観覧する側としての意見で言えばプロ出ろよ!ですが

国内のプロ団体は現在1個だけ

すなわち一般ボウラーの祭典的な大会にw

プロが出ないって事はこりゃーもう賞金狙いに行くしか無いでしょう

しかも参加人数が100人の場合、優勝の50万から33位の25000円までチャンス

ここで簡単な算数のお時間です

100人に対し33位・・・

3分の1

賞金チャンス

 

更に概要を読みとくと


*28 位以下は出場者数が 84 名を上回った場合出場者の 1/3 まで賞金又は副賞を配当致します。
33 位以下は副賞として一律 ¥22,000 となります。
尚、定員数(各会場定員数参照)に満たなかった場合でも 28 位までの賞金配当致します。

JBP社大会概要から引用


第一回となる5日女子向け【PBA ウィメンズ・チーター・オープン】の募集数は128名

この128名参加の場合でも先の【3分の1ルール】は健在で賞金枠が42位まで拡大との事(33位以下は一律\22000-)

反対に出場が63人と少なかった場合でも【28位まで保証】と言う日本ルールがあるそうでさらに賞金チャンス到来とのこと

狙いはもう日も無いですが5の「PBAウィメンズ・チーター・オープン」女子だけ出れる回ではないでしょうか?

たぶんですよ、初回しょっぱなだし僕のようになんだか解らなかった人多いだろうしw

絶対狙い目だと思います

 

いかがですか?なんだかワクワクしてきません?

日本国内で多く開催されてるトーナメント一般ボウラーのみなさんに訪れる

現金お持ち帰りチャンスは今のところこれだけです

普段プロチャレやリーグでブヒブヒブイブイ言わせてるアナタ!

初大会をこの大舞台で経験したろうってアナタ!

この絶好の舞台見逃すのはもったいなさすぎ

ちなみにリアルな話16位入賞を果たし\44000-を獲得したとします

この場合、賞金は[一時所得雑所得]のどちらか(人により変わると思う)となりますので会社員の方も自営業の方も確定申告が必要になりますので忘れずに


気になるこの現金お持ち帰りチャンスのエントリーフィーは

一般\12000-

JBC会員は\8000-

 

JBC会員さんの場合はちょっと勝手が違うようでエントリー費が安くなる代わりに

賞金圏内に入った場合の【賞金当日お持ち帰りチャンス】は無く

一旦JBCに支払われ後日JBC手数料引かれた【後日受け取りチャンス】となるそうです

JBCアマチュア賞金規約ルールなる物が存在してる

 

 いっちょ出場したろうか!

なーんて思った方はJBPさんのHPにてWEBエントリーが可能です

その他にもメール、FAX、郵送、電話、での申込も用意されております。

NAGEYOをご覧の方はWEB申込が一番簡単そうですね

以下のエントリーボタンからどうぞ

PBA リージョナル・ツアー・イン・ジャパン

 ↑JBP社申込みフォームへ飛びます

 

その他のエントリー方法は以下のとおり

メール 申込書の内容を記載の上regional@japanbowlingpromotion.com
FAX 申込書に必要事項を記入の上049-270-7485へ送信
郵送 申込書に必要事項を記入の上〒350-0212 埼玉県坂戸市石井2195-1へ
電話 049-290-3255 受付時間は、平日AM10:00~PM5:00

現在は7月5日~7月13日の4開催分のエントリーが可能です。

申込と合せてエントリーフィーの払込を持って正式なエントリー完了と言うことですので

申込と合せて早め早めに振込対応が必要です

オフィシャルでは大会開催1周間前が着金締め切りと記述ありますが今日は既に24日

え?

取り上げるの遅いって?

だって放置してたんだもん(・∀・)

もう日も少ないことからエントリー締め切りに関し問い合わせた所

7月開催分に限って開催前々日前まで受付との事でした(・∀・)ヤッタ

5日出場の方は3木曜着金

6日出場の方は4金曜着金

エントリーフィーの払込先は

みずほ銀行 石神井支店(226) 普通口座 2345907

カ)ジャパンボウリングプロモーション 

とっととエントリーして、とっととフィー払ってあとはイメトレしてシャドーして賞金の使い道を考えて

ムフフな顔をしながらまた賞金の使い道を考えて過ごしましょう

 

言うわけで

PBA リージョナル・ツアー・イン・ジャパン

エントリーが済んだ方是非意気込みを宣言してください

そして

宣言した方をみんなで応援しましょう!

目指せリージョナル長者

また5日のポートボウル開催

取材決定

宣言頂いた方にはお話聞きに行きますよー

宣言の方法は以下の通り

Facebook

本記事末のコメント欄に意気込みをお願いします

Twitter

ハッシュタグ【#nageyo_regio】を付けて意気込みをポストしてください

以下のTwitterフォームからハッシュタグ付きで宣言可能です

 

 


このリージョナルツアーですがルールがアメリカPBAのルールで開催するとの事で皆さんが普段慣れてる日本ルールと多少違う部分があります

そこで続編として【PBAリージョナルツアーinJAPAN完全出場マニュアル】も作りますので

出場者は必見の完全マニュアルですのでしばしお待ちください

大会経験ないから出れません・・・なんてショッパイ事言わないでNAGEYOで勉強して夏の前ボーナスとりましょう!

FBアカウント持ってる方は

↓のコメント欄に出場宣言と意気込みお願いします(・∀・)

著者:雄 (編集部) >>NAGEYO記者の一覧を見る

関連記事



スマホ版のサイトを見る