ブランドから探す
STORM(230) Brunswick(128) Roto Grip(102) 900GLOBAL(83) Motiv(82) Radical(74) Columbia300(65) ABS(63) DV8(59) Track(56) Hammer(26) PRO-am(20) Ebonite(10) Natural Enemies(6) SEISMIC(4) HI-SP(1)

カテゴリTOPへ
※()内は掲載件数


ABSの登録ボール一覧

ABS Accu Line TOUR PREMIUM VI アキュライン・ツアープレミアム シックス

ABS Accu Line TOUR PREMIUM VI アキュライン・ツアープレミアム シックス

【ABS Accu Line TOUR PREMIUM VI アキュライン・ツアープレミアム シックス】のボール詳細、口コミ評価みんなのレビュー:もう説明はいらないんじゃないか?って思うほどの完成度のツアープレミアムシリーズです。今作はカバーをNano-thane 2.5 Active Hybrid (LEVEL.2.5)にしたことでツアプレ4よりも若干摩擦を強くした仕上がりになっています。文句なしに良い仕上がりだけどツアプレシリーズは3、4、5、6とハイブリッドが続いているのでそろそろパールとかソリッドが欲しいっす。ね、ABSさん。

ABS NANODESU 9 BLUE ナノデスナイン・ブルー

ABS NANODESU 9 BLUE ナノデスナイン・ブルー

【ABS NANODESU 9 BLUE ナノデスナイン・ブルー】のボール詳細、口コミ評価みんなのレビュー:先日記事で紹介した重量コアの新作です。9ポンドを超えるコアを搭載していている(15ポンド以上のボール)ので直進力があり、難しいレンコンでも使いやすいそう。しかもピンアクションが他のとは違うようなので難しいレンコンならアドバンテージがありそうだね。14ポンド以下のボールは9ポンドを下回ってしまいますが、他のボールよりも重いコアを搭載しているそうですよ。

ABS NANODESU Accu Rise X ナノデス・アキュライズテン

ABS NANODESU Accu Rise X ナノデス・アキュライズテン

【ABS NANODESU Accu Rise X ナノデス・アキュライズテン】のボール詳細、口コミ評価みんなのレビュー:アキュライズシリーズもとうとう10作目となり完結なるようです。集大成となるアキュライズⅩはカリフラワーみたいな形をした新開発のInfinity Coreを使用し、カバーにはアキュラインツアープレミアムに使用されたNano-Thane 2.0 Pearlです。手前からの転がりがありながら先まで行ってくれてバックエンドの動きも魅力です。

ABS Pure Rise NANODESU 74D EIGHT PEARL ピュアライズ・ナノデス ナナヨンディー エイト パール

ABS Pure Rise NANODESU 74D EIGHT PEARL ピュアライズ・ナノデス ナナヨンディー エイト パール

【ABS Pure Rise NANODESU 74D EIGHT PEARL ピュアライズ・ナノデス ナナヨンディー エイト パール】のボール詳細、口コミ評価みんなのレビュー:またしても出ました。8ポンドコアを搭載したウレタンボール。前作のソリッドウレタンからパールウレタンに変更となっています。ソリッドのウレタンでは走りにくくなった時や、先での動きを重視したい時に使って欲しい。




© 2016 NAGEYO(ナゲヨ)打てる気がするボウリング webマガジン