記事検索

オススメ





人気記事
ストーム マッチメーカー

自分にマッチしたボールを探してくれる便利アイテムの使い方徹底解説 (UPDATE 2017.06.29)

巷で噂のストームマッチメーカー 自分の球質を調べて入力するとストームが自分にあったボール提示してくれる超便利アイテム 久々に登場した赤い奴と一緒に体験してみましょう

6月のボウリング用マイボール発売ラインナップ情報まとめ (UPDATE 2017.06.30)

今月も新作11玉が発売されましたー。良いスコアにたどり着くためには、コントロールやレンコン対応ももちろんですが、最近はレンコンに合わせた玉のチョイスが非常に重要ですから、どんなレンコンで使いたいか?を考えてから新しい玉購入しましょうね

国民体育大会 東海ブロック大会

目指せ!愛顔つなぐえひめ国体 激戦の東海地区ブロック大会 (UPDATE 2017.07.19)

毎年行われている国民体育大会に出場するまでに突破しなければならないブロック大会の模様です。東海地区の猛者たちが集結し激闘を制したのは?

ボウリング 人気ボール
 Ko : 

STORM TIME LOCK タイム・ロック


 すでに投稿させていただいておりますが、表面加工を行った後、ど... 
(7/19)
 おにこんぼう : 

STORM SNAP LOCK スナップロック


 中古で購入しまだ数ゲームしか投げていませんが、ピンアクション... 
(7/19)
 ねお : 

COLLMBIA300 SWERVE FX スワーブ・エフエックス


 シューン!と走って、クイッ!と曲がって、バーン!とピンを飛ば... 
(7/15)
 ねお : 

Natural Enemies panther パンサー


 ミディアムからヘビーまで、わりと幅広いコンディションで使って... 
(7/15)
 alfalfa : 

Brunswick CRITICAL EDGE クリティカル・エッジ


 評価項目が増えたので、再投稿。 ベンチマーク的な立ち回りを... 
(7/15)

PR





マラソンと陸上でブイブイ言わせオリンピック代表直前まで行った根っからのスポーツマン、練習中の怪我で今までのようにマラソンと陸上が出来ない状態に

 

そんな時、近所にボウリング場が有る事に気が付き訪れたのがきっかけ、ボウリングに魅了され、あっという間に15年

中込信 ボウリング

中込信さん

氏はボウラーの神器であるボール・シューズは勿論、もう1つの神器を使いこなします

第三の神器とは

中込信 車椅子

車椅子

中込さんは車椅子を自在に操るボウラー

先天性の障害を抱えた氏は兎に角アクティブ!車椅子のマラソンと陸上の選手を経てボウリングと出会い、現在車椅子ボウリングを世に広める活動をしているバイタリティー溢れる御方

当時車椅子ボウラー自体が居なく投球方法等、参考にする例も無い中、仕事終わりにボウリング場に通う事数ヶ月、自ら編み出した投球方法が現在のスタイルとなっていると言います

その投球スタイルとは、アプローチを走ってファールライン直前で捻りを加え投球、止まった状態にて振り子のみで投球するスタイルは見たことありますが、助走と共に投球するスタイルには正直驚きます

中込信 車いす  中込信 ボウリング

 

ボウリングに出会い14年経過した去年、第23回全国障がい者ボウリング大会、車椅子部門にて優勝

ファーストコンタクトこそ今年初旬、やっとお目にかかる機会が来たのがWOP

そうです!

ゴツい予選を経て幕張で開催されオスクパルマが1000万獲得した大会

車いすボウリング 中込信

この会場にて車椅子ボウリングのデモンストレーションに登場するとの事でようやくお目に掛かる機会が到来

氏のボウリングに掛ける思いや車椅子ボウリングの現状とこれからを伺ってみます

車椅子ボウリングは団体有るの?

残念ながらありません

私たちのような肢体不自由のボウラーは各県、市町村管轄の協会に属する形になっております。

車椅子ボウリング 中込信  車いすボウリング 中込信

聴覚や視覚、ダウン症の障害を持った方が属しておられる部分には各協会、団体はありますが我々のように四肢の障害を持つ者の団体はありません

車椅子ボウラーの人口ってどれぐらい居るのですか?

正直全国にどのくらいの人口が居るか解らない状態ですが、椅子でボウリングをされてる方は数百人を超えると思います

潜在のボウラーも含めてですが。

大会とか大きな舞台は?

全国障害者ボウリング大会

宮様チャリティー

会場持ち回りの大会が1個

今はこの3つしかありません

 

※先日10月11日、宮様チャリティー県予選無事通過(参加人数不足により参加8名 全員通過)平成27年11月29日(日)品川プリンスホテルボウリングセンター開催へ出場

中込さんの活動を教えて下さい

最近1人増えて現在2人で活動してます

私のような障害を持った方でもボウリングを楽しめると言う事、車椅子ボウリングの競技としてレベルの底上げをして、競技人口が増幅する為に色々なボウリング場に遠征し車椅子ボウラーの発掘とPRをしています

中込信  中込信

車椅子ボウリングを多くの方に知ってもらい、最終的には組織を持って同じ車椅子ボウラーは勿論、まだ車椅子ボウリングをやった事が無い方が一歩踏み出し共に楽しめるようサポート出来る体勢を構築し1つのジャンルとして確立したいです

その為に今は健常者に混ざり各ボウリングセンターの大会、ボウリングプロショップ行脚など、色々な視点で遠征し車椅子ボウリングのPRをしています。

ステッカー用意してます遠征先で出会った皆様是非受け取ってください

車椅子 中込信

直近の遠征スケジュールは

  • ■10月31日:FUTABABOWL関大前店 姫路麗チャレンジマッチ【出場】
  • ■11月29日:宮様チャリティーボウリング大会
  • ■12月:スポルト浦和国際ボウル→ひだりいず【未確定】
  • ■12月/1月:スポルト岡谷【練習】 VEGA加須【練習】 
  • ■2016年2月20日~21日:全国障害者ボウリング大会で障害クラス別【出場連覇予定】

見かけた際はお気軽に声かけてください(・∀・)

今後の目標や思いを教えて下さい

今後は全国大会(車いす、弱視、脳性麻痺の障害クラス)不動の日本一を目指し、車椅子の方に夢や希望を与えられるアスリートで居続けます

そして日本中の車椅子の方にボウリングの楽しさを感じでもらい、たくさんの車椅子ボウラーを発掘して競技者人口を増やして行きたいです。

中込信  中込信

自分の夢は

世界一の車椅子ボウラー

です。

多くの方に車いすボウラーの存在を知ってもらいたいですね


山梨県にお住まいの中込さん、関東だろうと関西だろうと自らハンドルを握り遠征するアクティブっぷり

自らもアスリートとして高みを目指しつつ、同じ車椅子の方へのサポートも視野に入れた氏の描く未来の車椅子ボウリングは多くの車椅子の方に笑顔をもたらす事になるでしょう

車椅子ボウリングの要である「車椅子」、氏の車椅子は軽量化された高価な物、「競技として取り組みたいけど・・・」こういった負担の軽減を踏まえ、今後多くの同士を募り組織化した暁には組織で複数台所有し、体だけ来て頂ければ体験は勿論、練習、大会時の貸出などと言ったサポート面でのアイデアも豊富に構想されています

車椅子 ボウリング 車椅子 ボウリング

取材時、常に前向きな氏と未来のプランをディスカッションさせて頂いた中で改めて私自身のボウリングに対する想いとNAGEYOの在り方を今一度確認するきっかけになりました

車椅子ボウリングに関して今後も取り上げていく所存です

 

全国の車椅子ボウラーへメッセージを!

100人規模の人数が集まれば、車椅子ボウリング全国大会も夢ではありません!

たくさんの車いすボウラーが集まれば組織の発足も可能だと思います

是非一緒にLet’s wheelchair bowling!

全国の車椅子の方で何かしたいと思ってる方へメッセージ

車椅子ボウリングは色々な投球方法で楽しめる素晴らしいスポーツです。

年齢層も幅広くできるので興味を持ってもらえたら嬉しいです!

車いす使用でも、自投でなくても、動かせる部位があれば、スポーツは出来ます!動かせない部位を無理に使わず動かせる部位を使って最大限のパフォーマンスをする事が自分の自信になります

私はボウリングが最適だと思います。

一度きりの人生、活かすも活かさずもあなたの一歩が大切です。

一緒にボウリングやりましょう

中込信


ココで1つ

車椅子可能 ボウリング場

[n001]

中込さんが既に行った事のある車椅子ボウラー受入OKなボウリング場一覧です

編集部にて電話確認し一般営業時に受付可能の確認をしました

[/n001]

おいおいワシの店もOK!ってボウリング場さん居ましたら御一報ください

別途「車椅子OKボウリング場リスト」に追記させていただきます

連絡はコチラ

車椅子ボウラー中込信へ連絡

現在チーム中込は問い合わせに対し受け付ける場所を持ちあわせていないとの事でしたのでNAGEYOにて問い合わせフォームを提供いたしました

中込氏へ問い合わせやメッセージを送りたい方は以下のフォームから送信ください

直接氏へ送信されます

クリックでフォームが開きます
中込信連絡フォーム

お名前※
ふりがな
郵便番号
住所
TEL
E-mail※
メッセージ

著者:雄 (編集部) >>NAGEYO記者の一覧を見る

関連記事



スマホ版のサイトを見る