記事検索

オススメ





オススメ

人気記事
ボウリング プロテスト

今年はどんなプロが誕生するのか? 2017プロボウラー資格取得テスト第一次最終日 (UPDATE 2017.04.18)

今年もプロテストの季節がやってきましたね 一次試験東日本最終日の会場の雰囲気をお届けしながら注目選手や会場にいたプロボウラーインタビューしましたよー なかなかメディアには出ないプロテストの模様を御覧ください

2017宮崎プロアマトーナメント ボウリング

2017宮崎プロアマオープントーナメント予選前半までの模様 (UPDATE 2017.04.22)

さ~始まりましたよ!2017宮崎プロアマオープントーナメント 昨年は震災の影響で半年遅れでの開催でしたが今年は通年通り4月開催 九州地方では数少ない女子プロ公式トーナメント予選前半までの模様をどうぞー

ボウリング ボール

3月のボウリング用マイボール発売ラインナップ情報まとめ (UPDATE 2017.04.01)

3月発売の玉まとめですよー ウレタンが2個も含まれてますが、レーンコンディションの多様化に伴い需要が増えているんでしょうか? 他にも、良さそうな玉いっぱい発売されてますよー みんなのレビューもチェックしてね

PR


おすすめショップ




5月発売ボウリングボール

早いもんで今月も5ヶ月目突入で何かとボウリング業界も動き出した頃合いですね

みなさん新しい玉買ってますか?

毎月多くのボールが発売されますし自分に合いそうとピンと来たらいっちょ穴開けてみては如何でしょうか?

今月は9玉の紹介です

Brunswick The Edge ブランズウイック ザ・エッジ

サンブリッジ

Brunswick The Edge ブランズウィックザ・エッジ  Brunswick The Edge ブランズウィックザ・エッジ

Brunswick The Edge ブランズウィックザ・エッジ

※↑全部クリックで拡大します

 

小林哲也Pのレビューは以下の動画5分12秒からですが

小林氏曰く、ストローカーでもクランカーでもOKとの事、

安心感

 だそうです

軌道V動画を見ると氏の言うとおり安定感ありそうですね

左利きの方の参考Vは珍しいですね

このボールですが、購入特典としてワッペンが同梱されているそうです

DV8のタオルもそうですが、おまけ付きってのはなかなか嬉しいもんです

ザ・エッジ ワッペン

 

メーカー公表データ

カバーストック グラデュード・ソリッドリアクティブ
コア 中・RG・シンメトリックコア
表面加工 #500マイクロパット→#2000マイクロパット→ロイヤルシャイン
硬度 73°〜75°
RG Max 2.590・15P
RG Min 2.538・15P
RG Diff 0.052・15P
フックP 155・MAX:260
レングス 120・MAX:235
ブレイクPS 110・MAX:150
フレアP 0.052・MAX:0.060
フック 7.5
スキッド 6.0
バックエンド 9.0
ウェイト 13P〜16P
適性レンコン ミディアム〜ヘビーコンディション
カラー ライトレッド・ダークレッドソリッド
特典 特性刺繍ワッペン
  • 革命ボール「ザ・エッジ™」に搭載の強化した新素材カバー「グラデュード・ソリッドリアクティブ」と「中・RG・シンメトリックコア」の比重改良型で、より有効的なリアクション効果を付けるため、敢えてシンメトリックコアとの組み合わせにチャレンジしました。 これにより、今までとは違い、ミッドレーンでのレーンキャッチを伴うシャープな走りと、バックエンドからのパワーを最大限発揮できるリアクションを生み出すことに成功! 新素材カバー「グラデュード・ソリッドリアクティブ」の最大の特徴は、オイリーコンディションでの強力な転がりを持ち、より柔らかく低いピンアクションを与えます。強いロールを生かすため、最終表面仕上げをロイヤルシャインとしたことで手前からのリアクションを防いでいます。 今回採用の「中・RG・シンメトリックコア」は、カバーの強さとのバランスを考慮し「メーリー™」で使用したコアに比重改良を行いました。 その結果、転がりと走り、そして、今までに無いバックエンドリアクションを「ザ・エッジ™」で体験していただけます。きっと、ボウラー最大の武器になると言えるでしょう!2014年… 、いよいよエッジ時代が到来します。
  • *メーカー引用

 

  • ■メーカー詳細はこちら
  • ■カタログPDFはこちら
  • ■プロモーションビデオは小林哲也プロの投球・軌道・パフォーマンス:ザ・エッジこちら(youtube)

 

Columbia300 Resurgence FIRE リサージェンス・ファイヤー

ABS

COLUMBIA300 RESURGENCE FIRE リサージェンス・ファイヤー  COLUMBIA300 RESURGENCE FIRE リサージェンス・ファイヤー

COLUMBIA300 RESURGENCE FIRE リサージェンス・ファイヤー

※↑クリックで拡大します

まだ動画が出てないのが残念です、公開したらこちらにも追記していきましょう

紹介を見る限りだと結構曲がるボールだそうですよ

オイル多い所で投げる事が多い方には良いのでは?

メーカー公表データ

カバーストック NEW ERA Hybrid with Powder
コア Modified Hi-Dynamix
RG 2.520
△RG 0.050
表面仕上げ 500.500.1000 Abralon
硬度 74~76°
カラー Black/Red/Silver
ウェイト 12~16lbs
  • Resurgenceはオイルの多いコンディションでも安心して投球が出来るボールとして人気が高かったボール。
  • そのResurgenceのコアをバージョンUPしてオイルの多いコンディションでもさらに強い曲がりが得られるように設計をしています。
  • カバーストックにも特殊パウダーをいれる事で、ヘビーオイルコンディションや粘性の高いオイルでも安定した曲がりが得られます。

*メーカー引用

  • ■メーカー詳細はこちら
  • ■カタログPDFはこちら
  • ■特性レポートPDFはこちら
  • ■紹介動画はこち:無し

MOTIV ASCENT APEX アセントエイペックス

ABS

MOTIV ASCENT APEX アセントエイペックス  MOTIV ASCENT APEX アセントエイペックス

MOTIV ASCENT APEX アセントエイペックス

※↑クリックで拡大します

いい感じの動きですね

ライトコンディションで後半活躍するボールとの触れ込みですが、普段行く所だとしょっぱなから活躍してくれそうな気もします

鮮やかな青ってのも( ・∀・)イイ!!です

メーカー公表データ

カバーストック Fusion XL (Xtra Length)
コア Recon(TM)
RG 2.590
△RG 0.025
表面仕上げ 2000 Grit Polish
硬度 74~76°
カラー Mountain Blue Pearl
ウェイト 10~16lbs
  • Primal Rageと同系(キャッチ系)のカバーストックですが、ベースは変更せずに、配合比を変更しスキッドを長く出せるようになっています。
  • 適正はライトオイルコンディションで後半に活躍するボールに仕上がっています。高RG低ΔRGコアがスキッドとショートフックを演出します。

■メーカー詳細はこちら

Natural Enemies ワイルド・キャット

ABS

NATURAL ENEMIES ワイルド・キャット  NATURAL ENEMIES ワイルド・キャット

NATURAL ENEMIES ワイルド・キャット

※↑クリックで拡大します

新ブランドですって興味津々ですが動画なーい

バックエンドリアクションに自信ありな感じですがどのくらいびっくりさせてくれるか楽しみな

1玉です

 

メーカー公表データ

  • カバーストック Fusion XL (Xtra Length)
    コア Recon(TM)
    RG 2.590
    △RG 0.025
    表面仕上げ 2000 Grit Polish
    硬度 74~76°
    カラー Mountain Blue Pearl
    ウェイト 10~16lbs

 

  • ABSに強烈なブランド(Natural Enemies)が新しく加わります。
  • 1年以上の長期に渡り開発を続けてきたボールです。
  • ミッドレーンの強さとバックエンドで強烈にねじれるをコンセプトに抜群の安定感から繰り出される最高のバックエンドリアクションは、世間を驚かせる事でしょう。
  • ※メーカー引用
  • ■メーカー詳細はこちら
  • ■カタログPDFはこちら
  • ■特性レポートPDFはこちら
  • ■紹介動画はこち:無し

ROTOGRIP SINISTER ロトグリップシニスター

ハイスポーツ

ROTOGRIP SINISTER ロトグリップシニスター  ROTOGRIP SINISTER ロトグリップシニスター ROTOGRIP SINISTER ロトグリップシニスター ROTOGRIP SINISTER ロトグリップシニスター

※↑全部クリックで拡大します

この動きはなんだか素敵な予感(超個人的に)外からドカーンと派手なストライクが決められそうなボールですね

使えるときは限られそうですがなんだか気になるボールです

 

メーカー公表データ

カバーストック 76Hハイブリッドリアクティブ
コア ケージ・コア
RG 2.520 (15lbs)
ディファレンシャル 0.054 (15lbs)
フレア 7インチ+
硬度 73-75
ネオンイエロー/ホワイト/ネイビー
表面仕上げ 4000グリット・パッド
取扱ウェイト 12~16
  • アメリカで評価急上昇中のブランド、ロトグリップの新しいHP4シリーズ第1弾「シニスター」。新開発のケージコアが力強く安定したミッドレーンと持続性ある大きなバックエンドモーションを見せる。あらゆるタイプのボウラーにマッチする製品。
  • *メーカー引用

STORM SYNC TOUR シンク・ツアー

ハイスポーツ

STORM SYNC TOUR シンク・ツアー STORM SYNC TOUR シンク・ツアー STORM SYNC TOUR シンク・ツアー STORM SYNC TOUR シンク・ツアー

※↑全部クリックで拡大します

個人的にシンクプレミアムで痛い目にあってたシンク、初代シンク同等のオイルに強いとの事なのシッカリ曲がってイイ動きするのかも

そう変わったか投げてみたいです

メーカー公表データ

カバーストック NRGソリッドリアクティブ
コア G2コア
RG 2.470 (15lbs)
ディファレンシャル 0.058 (15lbs)
フレア 6インチ+
マスバイアス差 0.028 (15lbs)
ブラック+ブルー&グリーン
表面仕上げ 4000グリット・パッド
取扱ウェイト 14~16ポンド
  • G2コアとNRG、ストーム最強のコンビネーション。ヘビーオイルとキャリーダウン攻略において『シンク・ツアー』の右に出るボールはない。ストローカータイプ、スピードのあるボウラーに最大級の曲がりを提供する。

*メーカー引用

ROTOGRIP SINISTER ロトグリップシニスター

ハイスポーツ

ROTOGRIP SINISTER ロトグリップシニスター  ROTOGRIP SINISTER ロトグリップシニスター ROTOGRIP SINISTER ロトグリップシニスター ROTOGRIP SINISTER ロトグリップシニスター

※↑全部クリックで拡大します

この動きはなんだか素敵な予感(超個人的に)外からドカーンと派手なストライクが決められそうなボールですね

使えるときは限られそうですがなんだか気になるボールです

 

メーカー公表データ

カバーストック 76Hハイブリッドリアクティブ
コア ケージ・コア
RG 2.520 (15lbs)
ディファレンシャル 0.054 (15lbs)
フレア 7インチ+
硬度 73-75
ネオンイエロー/ホワイト/ネイビー
表面仕上げ 4000グリット・パッド
取扱ウェイト 12~16
  • アメリカで評価急上昇中のブランド、ロトグリップの新しいHP4シリーズ第1弾「シニスター」。新開発のケージコアが力強く安定したミッドレーンと持続性ある大きなバックエンドモーションを見せる。あらゆるタイプのボウラーにマッチする製品。
  • *メーカー引用

STORM PITCH BLACK ストーム ピッチブラック

ハイスポーツ

STORM PITCH BLACK ストーム ピッチブラック  STORM PITCH BLACK ストーム ピッチブラック STORM PITCH BLACK ストーム ピッチブラック STORM PITCH BLACK ストーム ピッチブラック

※↑全部クリックで拡大します

待望のウレタン

短い・ドライには最適そうなボールです

実験的に使ってみたいボールですね

どうにも道に迷った時には活躍してくれるのかな

実はHI-SPさんの動画で密かな楽しみなのがテスターが女子Pの時の

Matsuyaさん(左男子)

今回の紹介動画は望月理江Pって事で久々に見れるかと思ったら案の定見えました

最高の笑顔

ハイスポ 松屋

 実に幸せそうだ

(´∀`)

  • TO:Matuyaさん
  • お叱りは真摯に受け止めますので万が一の際は編集部に一報くださいm(__)m

メーカー公表データ

カバーストック コントロール・ソリッドウレタン
コア キャパシター・コア
RG 2.570 (15lbs)
ディファレンシャル 0.022 (15lbs)
フレア 2″
硬度 72-74
ピッチブラック
表面仕上げ 1000グリット・パッド
取扱ウェイト 14~16ポンド
  • 競技ボウラー待望のウレタンボール登場!新開発の多孔性ウレタンカバー“コントロール・ソリッドウレタン”とフレアポテンシャルをコントロールする新型コア“キャパシター”の組み合わせによるショートオイルの即戦力!

*メーカー引用

EBONITE RADICAL Angular One ラジカル アンギュラーワン

レジェンドスター

EBONITE RADICAL ANGULAR ONE ラジカル アンギュラーワン EBONITE RADICAL ANGULAR ONE ラジカル アンギュラーワン EBONITE RADICAL ANGULAR ONE ラジカル アンギュラーワン

※↑クリックで拡大します

投球者による評価のバラつきが大きかったパーフェクトアンギュラーワンからどう変わったのか知りたい所ですが

動画UP待ちと言うわけで

待ち

 

メーカー公表データ

カバーストック RCP Hybrid
コア Contrex Symmetric Mass Bias
カラー Blue/Teal/Red
Hardness 75-77
Factory Finish 1000-grit Abralon/Polished
RG 2.46
⊿RG 0.056
Flare Potential High
Performance Strong Backend
Best Lane Condition Medium to Heavy Oil
Available Weights 13-16
  • クリーンな走りから強烈なバックエンドモーションを特徴とした
  • 不動の人気シリーズ、アンギュラーワン。
  • そのシリーズのDNAを継承しつつも、
  • 走り、キャッチ力、切れ、コントロール性能の全ての要素を
  • 最高のバランスで融合させたオールラウンドモデルとなるのが
  • シリーズ最新作、ラジカル アンギュラーワンです。
  • バックエンドでポケットに向けて、鋭角なエントリーアングルを
  • キープしたままトラクションを上げる事により
  • バックエンドモーションの操作性が格段にアップし、
  • 幅広いオイルコンディションに対応する事が可能となりました。

*メーカー引用

■メーカー詳細はこちら

EBONITE cyclone エボナイト サイクロン

レジェンドスター

EBONITE CYCLONE エボナイト サイクロン  EBONITE CYCLONE エボナイト サイクロンEBONITE CYCLONE エボナイト サイクロン

EBONITE CYCLONE エボナイト サイクロン

※↑クリックで拡大します

ご存知のサイクロンの新色のようですよ

気に入ってた方は追加購入のチャンスですね

意外と価格低めの玉が活躍してる今日このごろ。。

メーカー公表データ

カバーストック GB 10.7
コア Cyclone Torque
カラー Orange/Purple/Red
Black/Red/Yellow
Hardness 75-77
Factory Finish Polished
RG 2.53
⊿RG 0.053
Flare Potential Medium
Performance Length with Strong Backend Reaction
Best Lane Condition Light to Medium Oil
Available Weights Orange/Purple/Red 12-15
Black/Red/Yellow 13-16
  • トップボウラーからも絶対的な信頼を得て、
  • 愛用されているサイクロンシリーズは、
  • シャープな切れと、操作性を兼ねそなえたボールパフォーマンスで
  • 幅広いボウラーから高い評価を得ています。
  • そのサイクロンシリーズに待望の新色の登場です。
  • 従来、ロープライスボールは、
  • 購入し易い価格帯や、扱い易いリアクションからエントリーレベルのボウラーや、
  • 女性ボウラー向けの製品という考えが持たれていました。
  • しかし、PBAボウラー等のトップボウラーが、
  • レーンコンディションによっては、その扱い易さを好んで使用し、
  • 活躍している現状の中で、その概念も覆りつつあります。
  • そこで、PBAレベルからエントリーレベルまで
  • というボウラー層が使用できるボールという、壮大なコンセプトに
  • No.1ボールカンパニー、エボナイト社が挑戦し、開発されたのがサイクロンです。
  • クリーンな走りと抜群のキレでボウラーから高い支持を受けている
  • ハイパフォーマンスカバー素材“GB 10.7”をカバーストックに使用し、
  • この価格帯では異例となるマスバイアス理論を採用した
  • 新開発の“Cyclone Torque”コアとの組み合わせで、
  • 扱い易いながらも力強い曲がりと走りをバランス良く併せ持ち、
  • もはや価格帯を無視した贅沢なスペックです。

*メーカー引用

■メーカー詳細はこちら


 さてさて如何だったでしょうか?

気になる玉は有りましたか?

編集部でも5月投球玉の選定がスタートしますので

あなたの気になる玉も参考がてらコメントで頂ければ参考にいたします!

著者:雄 (編集部) >>NAGEYO記者の一覧を見る

関連記事



スマホ版のサイトを見る