TRACK PRADOX トラック パラドックス

-ボウリングボールカテゴリ:

投稿日:2016.01.23 更新日: 現在レビュー数は(6)

執筆者:雄 (編集部)

TRACK PRADOX トラック パラドックス TRACK PRADOX トラック パラドックス

TRACK PRADOX トラック パラドックス

先日の東海オープンで優勝した姫路麗さんが決勝で使っていたボール

トラックらしいフッキングポイントで急激にひっくり返って曲がるようなイメージです

オイルの中を使っても安定しているようなので安心して投げられそうです

個人的にトラックのボールはレーンに合う合わないがハッキリしすぎるイメージでしたがこのボールなら幅広く使えそうです

メーカー公表詳細データ(+をクリックで開きます)
 

カバーストックSSF 72 Reactive(Super Soft Flexable)
コアI-Core2.0(Middle Heavy)
RG2.480
ΔRG0.057
表面仕上げ500 / 2000 Abralon
硬度74~76°
InterDiff0.015
カラーBlue/Blue Pearl/Light Blue
ウエイト12~16lbs

  • TRACKが革命を起こす!

  • Cover Stock Technologyには、SSF 72 Reactiveを新しく開発しました。

  • 今までのカバーストックは分子の結合が強く(隙間がない)、柔軟性はあまりなかった。

  • 発想を大幅に変えた新しいカバーストックは、分子の結合が広く、素材自体が非常に柔軟性があります。

  • 硬度も72度になっている為、全体的なキャッチが向上し、ミッドレーンでのキャッチ力も上がっている為、柔らかいピンアクションにも一役かっています。

  • Core Technologyについては下記の通りです。

  • ”I-Core”は2層からなっており、双方共に比重を変更する事が出来る特別なコア。

  • Middle部分の比重を上げる事で、縦長部分は比重を下げました。

  • RGを2.49→2.48に引き下げ、ΔRGは0.053→0.057に引き上げた。

  • RGは数字上は0.01しか下がっていないですが、柔軟性とキャッチ力が増したカバーストックと組み合わせる事で数字以上の転がりを感じる事が出来ます。(体感20%UP)。

  • ΔRGは0.04も引き上げれた事で、フレア幅が増加し、BIG HOOKが生まれます。

  • 世界でも注目が高いTRACKのNEWボール。日本にも久々にTRACK旋風が巻き起こるかも。

TRACK PRADOX トラック パラドックス

4.9

総合評価

8.4/10

走り

4.6/10

曲がり

4.6/10

ピンアクション

4.3/10

扱いやすさ

3.3/10

3.9/10




Copyright© NAGEYO(ナゲヨ)打てる気がするボウリング webマガジン , 2018 All Rights Reserved.