ブランドから探す
STORM(205) Brunswick(116) Roto Grip(91) Motiv(75) Radical(66) 900GLOBAL(66) Columbia300(58) ABS(55) DV8(55) Track(50) PRO-am(16) Hammer(12) Natural Enemies(6) Ebonite(5) SEISMIC(4) HI-SP(1)

カテゴリTOPへ
※()内は掲載件数


ABS-2021の登録ボール一覧

ABS Accu Line TOUR PREMIUM Ⅴ アキュライン・ツアープレミアムファイブ

ABS Accu Line TOUR PREMIUM Ⅴ アキュライン・ツアープレミアムファイブ

【ABS Accu Line TOUR PREMIUM Ⅴ アキュライン・ツアープレミアムファイブ】のボール詳細、口コミ評価みんなのレビュー:ナノデスっていえばツアープレミアムシリーズを連想される人も多いでしょう。転がり、走り、曲がりのバランスが良くて幅広いボウラーに愛されています。カバーは前作と同じNano-thane 2.0 Active-Hybrid (LEVEL.2)を使用していますが、今作はソリッドの割合を多くしたハイブリッドなので先での動きに安定感があります。

ABS NANODESU 9 ナノデス・ナイン

ABS NANODESU 9 ナノデス・ナイン

【ABS NANODESU 9 ナノデス・ナイン】のボール詳細、口コミ評価みんなのレビュー:コアの重さが8ポンドのができたよって言っていたのが2020年の3月でした。そこから1年半ほどでさらに重くした9ポンドのコアを搭載する玉が発売されました。形状は変更せずに比重を大きくしたようです。ギューーッって詰め込んだコアってことですね。重いことでコアの持つ影響力や直進力も高くなるようなので、ナノデスエイトよりも摩擦の大きなNano-Thane3.0 Solidを使用することでブレーキもしっかり掛けましょうって狙いのようです。投げてみたい!

ABS ULTRA BEND OUTLAW ウルトラ・ベンド・アウトロー

ABS ULTRA BEND OUTLAW ウルトラ・ベンド・アウトロー

【ABS ULTRA BEND OUTLAW ウルトラ・ベンド・アウトロー】のボール詳細、口コミ評価みんなのレビュー:あえてRGとΔRGの数値をUSBCの規格外にしての発売だそうです。今まで味わったことがない転がりやすさとフレア幅を体験できると思います。
コアの影響がどのくらいなのかも体験できそうですね。

※ボウラー団体によっては使用できないこともあるのでお気を付けください。

ABS ULTRA BEND(LV7.0) ウルトラ・ベンド(LV7.0)

ABS ULTRA BEND(LV7.0) ウルトラ・ベンド(LV7.0)

【ABS ULTRA BEND(LV7.0) ウルトラ・ベンド(LV7.0)】のボール詳細、口コミ評価みんなのレビュー:まずウルトラベンドって懐かしーーーー。
世の中にナノデスシリーズが登場する前に、同じ名前のボールが発売されていました。当時のスペックとは違いますが4種類発売されます。
LV3.0、LV5.0、LV7.0はコアは同じでカバーの摩擦が違っているそうです。
アウトローはUSBC認証外のボールですので、ボウラー団体によっては使えないこともあるので気を付けてください。

【LV3.0】走りが特徴なのでオイルが少ない時向け。スピードが乗りにくい、ボールが曲がりすぎる人にお勧めします。
【LV5.0】LV3.0とLV7.0の中間的な性能を持っています。
【LV7.0】シリーズ内で唯一のソリッド素材でレーンキャッチが一番強いです。
【OUTLAW】RG、ΔRG共にUSBCの規格外のボールです。転がりとフレア、動きに興味あるなー。

自分の好みを探しやすいですね。




© 2016 NAGEYO(ナゲヨ)打てる気がするボウリング webマガジン