Brunswick TENAGITY GRIT テナシティ・グリット

-ボウリングボールカテゴリ:

投稿日: 現在レビュー数は(1)

執筆者:芦川 和義

Brunswick TENAGITY GRIT テナシティ・グリット Brunswick TENAGITY GRIT テナシティ・グリット 

メーカー公表詳細データ(+をクリックで開きます)
 

ブランズウィックの新たなる挑戦としてバックエンドリアクションの強化をメインコンセプトに開発され、高評価をいただいたテナシティ™の後継モデルが「フィアレス™」と同様に世界に先駆け、この日本で最初に発売することとなりました

この「テナシティ・グリット™」はオリジナル最大の特徴でもあるバックエンドでのフリップ感を損なわずにオイル対応力を向上させるということを目的として開発は進められていましたが、 単純にカバーストックを強化するだけでは全体的なパフォーマンスが丸みを帯びてしまい、本来のフックイメージを崩してしまう結果となり非常に難航を極めました

日本のテスタープロの評価を何度もアメリカへフィードバックし、配合の微調整や表面加工の調整を幾度となく行うことで、ついに完成したカバーストック「URG」は昨今の日本のオイルパターンやレーンコンディションへ最適な仕上がりとなり、前作以上にボウラータイプを選ばず、マッチする完璧な仕上がりとなりました

対応コンディションもミディアム〜ミディアムヘビーまでと幅広いシーンでの使用が可能となり、 オリジナルのテナシティ™よりも「2〜4ボード」大きくなったトータルフックはバックエンドリアクションも限りなくロスの少ないパフォーマンスを維持しており、期待通りの完成度です

コアの持つしっかりとした軸移動を誘発するブレーキングもブレが少なく、スムーズな直進力を粘りで抑制しフリップモーションにつなげる一連のプロセスはスムーズさを極めた証とも見受けられます。 進化を超えた究極形「テナシティ・グリット™」を手にすれば、あなたもその大きな違いを実感できることでしょう

ボールカラ―ブルー・パープル・シルバー
カバーストックURG
コアテナシティ・低・RG・コア+ダイナミコア
表面加工#500マイクロパッド→#1000→#3000
硬度73°〜75°
RG Max2.555・15P
RG Min2.503・15P
RG Diff0.052・15P
RG Asy0.018・マスバイアス差
フックP255MAX:350
レングス105MAX:235
フレアP0.052MAX:0.060
ウェイト13P〜16P
適性レンコンミディアム~ミディアムヘビー

  • ■メーカー詳細はこちら
  • ■カタログはこちら
  • ■紹介動画はこちら:
かずよし

ミディアムコンディションでの先でのキレ味が鋭かったテナシティの後継機が発売されました
初代よりもオイルに強い素材を使っていて、対応できるレーンコンディションも幅広くなったようです
適度なキレとオイルの上での安定した摩擦がとても使いやすいと思います

Brunswick TENAGITY GRIT テナシティ・グリット

8.4

総合評価

8.6/10

走り

7.0/10

曲がり

8.5/10

ピンアクション

9.0/10

扱いやすさ

8.0/10

9.5/10




Copyright© NAGEYO(ナゲヨ)打てる気がするボウリング webマガジン , 2018 All Rights Reserved.