その他

決めた道は振り返らない~諦めは負けじゃない~

投稿日:


今年の
ドリスタカップ2020プロボウリング新人戦
優勝は

写真違った!

改めまして

新人戦優勝は

違う違う

コレだ!

藤村隆史さん
(ラウンドワン)

優勝は全て素晴らしいですが新人戦は一生に一度しかできない特別な優勝です。しかも藤村さんは57期生のトップ合格。
プロテストトップ合格、新人戦優勝、イケメン、スマートなボウリングスタイル。
完璧じゃないですか〜
プロボウラーとして絵に書いたようなスタートをしています。
でもね、順調に進んでいる藤村さんですが私のイメージは「才能があるのに将来もボウリングも迷ってる決め切れないイケメンボウラー」でした。それが見違えるほど明るくボウリングも無駄な物だけ削ぎ落とし進化しました。
どんな心境の変化があったのでしょうか?

参考合格した皆さんおめでとう!2018プロボウラー資格2次試験

年に一度開催されるプロボウラー資格取得テストの実技第2次テスト最終日が高田馬場にあるシチズンボウルで行われました
毎年合格基準点到達ギリギリの選手を注目するドラマチック合格はもちろん、男子トップ合格争いも優勝決定戦のような白熱した闘いが繰り広げられました
他にも会場に居たプロボウラー3人に、これからプロボウラーを目指す人達へのアドバイスももらっているので、プロを目指してみようかなーって思っている人は先輩プロボウラーの話をよく読んでみてね
合格者全員にインタビューはできませんでしたが、目が合った受験生たちに話を聞きまくって喜びも声や今後の目標を聞いてあります
気になる新人プロがいたら要チェックですよ

続きを見る

妃永
新人戦優勝おめでとうございます。
ゲスト(男)
ありがとうございます。

妃永
私の中では悩める藤村隆史でしたがプロテストトップ合格から順調にきてますね。
ゲスト(男)
トップ合格はしましたがその後の成績は良くなかったので今年ラストチャンスの新人戦に優勝できて嬉しかったです。

 

二世ボウラー

妃永
知ってる方も多いと思いますがお父様は…

写真右
4期生プロボウラー
藤村重定さん
N&K

妃永
お父さんがプロボウラーだと、やっぱり子供の頃からボウリングしてんですか?
ゲスト(男)
小3の誕生日に母からマイシューズをプレゼントされてマイボールデビューは小4です。
ボウリングは日常でしたから始めたのは自然だったし投げるのは楽しかったです。
妃永
じゃあプロになるのも自然な流れでした?
ゲスト(男)
中学の頃にはプロになりたいと思いました。父を見てたし父にもなれって言われてました。
同時期にJBCにも入りましたが…
参考JBCってよく聞くけど何やってるとこなの?|公益財団法人全日本ボウリング協会

 3月に参加してきた「ボウリング界の未来を考えるシンポジウム」を開催したのも JBC もっと遡ると昨年37回ジャパンオープン優勝者は男女とも JBC 高田馬場へ学生の大会見に行ったらイッパイ居たのも ...

続きを見る

妃永
入りましたが?
ゲスト(男)
15歳から20歳までボウリングを辞めました。

妃永
えっ、全く投げなかったの?
年齢的に反抗期?

ゲスト(男)
全く投げなかったです。反抗期もありましたが楽しいからやってたのに、いろいろ言われるようになりました。
周りからの期待がプレッシャーになって、つまらなくなりました。
妃永
親御さんがプロボウラーだと期待は大きくなるよね。

やっぱりボウリング

妃永
ボウリングを辞めてた5年間は何かやってましたか?
ゲスト(男)
格闘技、ブレイクダンス、Wダッチ、スケボー、スノボー、サーフィン

妃永
楽しそうなこといっぱいやったのにボウリングに戻ったのはなぜですか?
ゲスト(男)
大学に入って時間ができた時ふと投げてみようかなーって藤枝グランドボウルに行きました。
久々に投げたらジュニアの頃投げていたのを覚えてくれた人がいたり自分に表現できるのはボウリングなんじゃないかって。
将来を考えて悩んだりしてた時期でボウリングを仕事にしようと思ってたのかもしれません。
妃永
青春映画みたい。
ゲスト(男)
でも5年間の間に友達はナショナルメンバーになっていて気後れしました。

プチ浦島太郎

妃永
本格復帰のきっかけは?
ゲスト(男)
趣味程度に再開はしましたが訳もわからず友達に誘われて出たインビテーショナルでボウリングで賞金を取るというリアルな体験をしました。稼げた嬉しさとジュニアの頃には味わえなかった楽しさを感じて本格的にボウリングをしようと思いました。
でもボールのこととか、ぜんぜん詳しくなくて大学を休学して笹塚ボウルでアルバイトを始めました。当時はソリッドとパールの違いもわからなかったんです。
キッカケとなった大会DHC PBA インビテーショナル2015開催期間中入り浸ったぜ【中編】

リージョナルツアーのほとんどに出場し、確実に賞金をGETしつつも残念ながらリージョナル枠での本戦出場が叶わなかったNAGEYOを代表する敏腕記者芦川和義、NBF、ABBF共に会員では無いのでこの2つの ...

続きを見る

その頃の藤村さん

妃永
その頃はプロではなくナショナルチームを目指してたよね?
ゲスト(男)
はい、友達からナショナルチームの話を聞いて凄いと思いました。自分も日の丸をつけて世界で戦いたいって。

夢破れて

妃永
ナショナルメンバーの選考会を受けたのは何歳?
ゲスト(男)
22歳です。

妃永
落ちたね。
ゲスト(男)
はい、今思うと甘かったです。フワフワしてたしボウリングスタイルも迷っていました。でも悔しくてヘコんで泣きました。

 

妃永
私はこの頃の藤村くんをよく覚えていて凄い玉投げるけど心底ナショナルメンバーになりたいのかな?本当にやりたいのかな?って感じでした。
選考会に落ちた後はボウリング辞めちゃうんじゃないってくらい落ち込んでて、でもボウリングを続けるならこれが何かの転機になればなって思ってましたよ。

将来の自分

妃永
ナショナルメンバーはすぐに諦めたの?
ゲスト(男)
いえ、もう一度受けたいと思いました。後に僅差で落ちたと知ったのでチャレンジしたかったです。でも選考会は2年後で、受からなかった時のこととか例えナショナルメンバーになれたとしても、その後どうなって行くのか2年後のその先の時間的なことを考えてプロの道を選びました。
妃永
トップアマチュアはどの団体に所属するのか、ナショナルチームを目指すのかプロボウラーになるのか迷う時期はありますね。

プロボウラーを目指して

妃永
ナショナルチームからプロボウラーへシフトチェンジすると練習とかも変えました?
ゲスト(男)
変えたというか目標が明確になると何をすればいいかわかります。

妃永
プロになるって決めてからトップ合格は目標でしたか?
ゲスト(男)
いえいえ、トップ合格なんて考えてなかったです。とにかく合格を目指して勤務、練習、トレーニングの日々でした。
トップ合格は周りの期待が大きかったです。
妃永
実技テスト最終日はトーナメントの決勝戦のように最後のゲームまで佐藤さん(同期の佐藤貴啓さん)とトップ争いをしてましたね。

ゲスト(男)
貴啓の影響で最終日はトップ合格を意識していました。アマチュアの頃、一度も貴啓に勝ったことがなかったんですよ。

新人戦優勝

妃永
新人戦のポジションマッチの相手も佐藤さんでしたね。
ゲスト(男)
はい、公私ともに仲良しですが1番負けたくない相手です。
妃永
優勝した時の気持ちは?
ゲスト(男)
今年の男子新人戦はトーナメントの延期や中止が続いた後だったので、そのトーナメントで優勝できたことに感激しました。ドリスタドリームスタジアム太田)は大好きで相性がいいんです。
妃永
優勝して嬉しかったことは?
ゲスト(男)
お祝いしてくれたり声をかけられたりすることです。

選択するということ

妃永
一度はボウリングから離れ、再開後に憧れたナショナルチームを諦めてプロになって学んだことは?
ゲスト(男)
自分で選択するということです。行く道を決めたらプレッシャーに感じていた期待は応援に変わりました。

 

妃永
でも選択するって難しいですよね。将来的にナショナルメンバーで活躍したいとかボウリングを仕事にしたいとか競技として続けたいとか迷ってる人にアドバイスありますか?
ゲスト(男)
自分に正直に動いてみることです。人の気持ちは変わりますから考えるだけじゃなくて行動してみてください。やらない方が後悔します。
妃永
プロになって良かった?
ゲスト(男)
良かったです。トーナメントやチャレンジマッチで各地を回ったりラウンドワンのリモートコンテンツを通じて全国にファンの方ができました
妃永
これからの目標は?
ゲスト(男)
目の前のトーナメントを一生懸命投げることとボウリングを仕事として続けていきたいです。こんなにボウリングのことを考えると思っていなかったしプロを選択したことに満足しています。
妃永
ありがとうございました。

『藤村さんちの息子さん』からプロボウラー藤村隆史となり、若手の先頭に立ってこれからの活躍も楽しみです。藤村さんは“前向きな諦め“をして子供の頃になりたかったプロボウラーの道を歩んでいます。


  • この記事を書いた人
  • 最新記事

松本妃永(プロボウラー)

社団法人日本プロボウリング協会18期プロボウラー 一般社団法人レッシュ・プロジェクト公認マスター級トレーナー プロボウラーとして、またレッシュ4スタンス理論から見たボウリングを皆様にお伝えします





-その他
-, , , ,

© 2016 NAGEYO(ナゲヨ)打てる気がするボウリング webマガジン