アイテム アイテム アマボウラーネタ 初心者ネタ

足元事情はボウリングの重要要素「ボウリングシューズ」の種類とetc

投稿日:2014.01.27 更新日:

執筆者:芦川 和義


自分専用が

マイシューズ

ボウリング場に置いてあるレンタルシューズが

ハウスシューズ

皆さんは前者、後者どちらを使ってますか?

同じボウリングシューズなのに、歴然の差がある本アイテムについて

紹介していきましょう


歴然の差1

最終的に自分の物になるのかならないのか

  • マイシューズはお金を払って買うので支払いが終われば自分の物です
  • 分譲住宅的な物
  • ハウスシューズは利用時に300円ぐらいの代金を払って都度借りるので何回借りても
  • 自分の物にはなりません
  • 賃貸住宅的な物

 nageyoレジデンス

歴然の差2

見た目

  • マイシューズ製品は紐靴がほとんど、反面ハウスシューズはマジックがほとんど
  • ハウスシューズは簡単に脱ぎ履きができるようにマジックテープ式が主流
  • マイシューズはフィット感を高めるために紐タイプ
  • ボウリング マイシューズ  ボウリング ハウスシューズ

 

  • 歴然の差3
  • ↑最大の特徴

靴底が違う

  • ハウスシューズは左右のっぺり同じ素材
  • マイシューズは左右で滑る素材と滑らない素材のハーフ&ハーフ
  • 右利き:フィニッシュ時に左足が前、右足が後ろとなるため、
  • 左足は、滑りやすい皮、右足はスリップしないようにゴム
  • *左利きはコレの逆 
  • ボウリング マイシューズ ボウリング ハウスシューズ

ボウリングおもしれージャン

ちょいちょい行っっちゃおうかなーなんて思ってる人は間違いなく1足買うことをお勧めします

先にも記載しました賃貸タイプのハウスシューズ

1回ボウリング場に行って家賃いやレンタル費300円~400円

ボウリングシューズはぶっちゃけピンキリですが下は2000円台ぐらいからあるのです

10回行けばレンタル費合計3000円・・・買えちゃいますね

では上はいくらぐらいまであるのでしょう?

 

現在だと、5万円弱ぐらいまであります

超激安だとABSさんのS250エントリーモデル

 

高い物だとサンブリッジさんのDexterSST8プロシューズ

 

その差なんと45500

何がそんな価格差を生むんでしょうか?

それは素材はもちろん、すっごい機能が搭載されてます

 

そのスッゴイ機能とは

つま先一帯をカバーするソール部分、通称スライドパーツと、

踵部分をカバーするヒール部分、通称ヒールパーツが着脱可能で取り替えられるのです

この機能を搭載したシューズは大体8000円を超えるぐらいのラインナップからあり、

価格帯に応じて張替え出来ない物からソールのみ変えられる物、全とっかえ可能な上に福袋並みにパーツが付属しているものまであります

付属品が福袋並のボウリングシューズはコチラ

ハイスポーツさんのHS-3800 コアドロ

定価38000

こちら半端じゃない付属品ですよ

付属品の総数22

詳しい付属品一覧はこんな感じ

ハイライトの部分が全部付いてきます

  • ハイスポーツ HS-3800 コアドロ
  • *クリックで拡大

 

このほかにシューキーパー、袋、取り外しツール、レースもセット

靴買ってこんなにいろいろついてくる事なかなかないでしょう

 

スライドパーツ交換可能シューズは一か所のボウリング場だけでなく、色々なボウリング場で投げる方におすすめです

所変わればアプローチ(助走する所)変わるって事で本格的にボウリングをするなら、この機能はあった方がいいです

滑る、滑らないなどをその場で細かく微調整ができるので重宝します

着脱はマジックテープ式、好みの滑り具合、止まり具合で調整しましょう

ではハイスポさんのスライドパーツを例に調整、交換方法を紹介します

 

Lesson1

まずはチッコイ方から、強力なマジックテープでくっついていますので専用の工具かマイナスドライバーなどで端から剥がし、付属の物と交換

自分の求めてる具合を組み合わせ探究してください

ハイスポーツ スライドパーツ交換

Lesson2

どうにもしっくりこない場合はメインのでっかいのごと変えてみます

ハイスポーツ スライドパーツ交換

Lesson3

あとはLesson1へ戻り自分探しの旅へ再出発です

ハイスポーツ スライドパーツ交換

 ※パーツを剥がす時、指でやると折れます(結構頑丈に引っ付いてます)

今回モデルにしたスライドパーツはベース+3箇所と調整幅がすごく広いですがソール部分1枚、ヒール部分1枚と言った物も多く存在します


ココから先はマイシューズを持ってるけどー

スライドパーツ?

あるけど基本張りっぱなしなんだよねー

だって良くわかんねーもんってそこのアナタ

パーツごとに組み合わせを変えるとどれくらい滑り具合が違うのかを実際にスライドパーツ、ヒールパーツを組み合わせ滑り具合が変わるのか検証です

愛用者も多いDexterのパーツを元に検証しましょう

こちらは、ソールパーツ1枚、ヒールパーツ1枚のタイプです

ヒールパーツのラインナップは以下

ヒール・H7レッドレザー

ヒール・H7 レッドレザー サンブリッジ デクスター

  • ヒールの中で一番スライドしやすいナンバーです。
  • ボウリングバッグに忍ばせておきたい一品です。
  • ※メーカー転載

 

ヒール・H5-STノコギリ歯状

ヒール・H5-STノコギリ歯状 デクスター サンブリッジ

  • 見た目が印象的なノコギリ歯状のヒールは、同梱実績最多の人気商品です。
  • その形状が目印です。
  • ※メーカー転載

 

ヒール・H2Cウルトラブレイク

ヒール・H2Cウルトラブレイク サンブリッジ デクスター

  • 波打つラバーが適度なブレーキを生み出す人気のヒールです。
  • シックなブラウンが目印です。
  • ※メーカー転載

続いてソールパーツのラインナップは以下

ソール・S4

ソール・S4 サンブリッジ デクスター

  • 赤いレザー製のショートスライド用ソール「S4」はベルクロ仕様のフリーサイズになっています
  • ※メーカー転載

 

ソール・S8

ソール・S8 デクスター サンブリッジ

  • 滑りやすいマイクロファイバー製のロングスライド。
  • 製品にも同梱している人気ナンバーです。
  • ※メーカー転載

 

ソール・S10

ソール・S10 デクスター サンブリッジ

  • フェルト製の一番滑るソールはフリーサイズでリリースしているので、ご利用時にトリミングしてください。
  • ※メーカー転載

 


検証

さて検証方法は以下の方法

スライドパーツ実験 ボウリング

  • ・直立状態
  • ・左足を白テープからスライド
  • ・パイロンは15cm幅で設置

ヒールパーツをベースに組み合わせていきます

H2Cヒールパーツ

デクスター スライドパーツ h2c s4

S4ソールパーツ

デクスター スライドパーツ h2c s4

滑らない

ビタッ!と止まって投げたい人向け


H2C S8 デクスター

S10ソールパーツ

H2Cのヒールパーツ&S8ソールパーツ

滑るけど止まる

足先から入って踵でしっかり止まって投げたい人向け


s8-h2c

S8ソールパーツ

s8-h2c

 ほぼ滑りません

滑ったら嫌な人


H5-STのヒールパーツ

s4-H5-ST

S4ソールパーツ

s4-H5-ST

滑らなーい

H2C同様止まって投げたい人向け


s10-H5-ST

 S10ソールパーツ

s10-H5-ST

少し滑ります

つま先側から滑りながら入って、最後はかかとで止まりたい人向け


s8-h5-st

S8ソールパーツ

s8-h5-st2

標準的

良く見かける組み合わせ


 H7のヒールパーツ

s4-h7

S4ソールパーツ

s4-h7

かかとも滑る~

かかとのゴムパーツが合わないけど止まって投げたい人向け


s10-h7

S10ソールパーツ

s10-h7-2

思いっ切り滑る

スライドに命を懸けてる人向け


s8-h7

S8ソールパーツ

s8-h72

これも滑るよ~

スライドしながら投げたい人向け


アプローチ(助走ゾーン)の滑る滑らないを、軽い(滑る)重い(滑らない)なーんて表現したり

速い(滑る)遅い(滑らない)と表現されますが、滑る気で居て、○ルトラ○ンになったり

ボウリング 滑らない

止まると思って滑り過ぎて豪快なバック転キメたり

ボウリング 滑りすぎ

 

そんなならない為にも、その日のアプローチ事情で足元の滑り具合を調整し不安定要素を解消するだけできっと「打てる気」がしてくるはずです。


  
  • この記事を書いた人
  • 最新記事
芦川 和義

芦川和義

一般社団法人 レッシュ・プロジェクト公認 マスター級トレーナー 「ボウリング レッシュ4スタンス理論 25%の共鳴」(ベースボールマガジン社 )を執筆 同理論を元にした、ボウラー向けのセミナーやレッスン、ボウリングボールのドリルをプロアマ問わず提唱しています。 また2015年9月TBSマツコの知らない世界をはじめ多くのTV番組に出演


-アイテム, アイテム, アマボウラーネタ, 初心者ネタ
-, , , , , , , , , ,

Copyright© NAGEYO(ナゲヨ) , 2017 All Rights Reserved.