STORM PHYSIX SE フィジックスSE

-ボウリングボールカテゴリ:

投稿日:2020.07.03 更新日: 現在レビュー数は(9)

 

詳細・スペック

R2カバーの「アストロフィジックス」を除き、PYHSIXシリーズは[NRG]素材をベースカバーにした製品が中心でしたが、最新作【フィジックスSE】には[NANO SMOOTH SOLID]リアクティブカバーを使用しています。

この素材のいい所は、<MARVEL MAXX>シリーズで証明されているように、適度なオイルへの摩擦感を保ちつつ直進力があり、レーンのドライ部分でも極端な変化がないコントロール性能の高い所です。…

引用:ハイスポーツ社

カバーストックNRGスムース・ソリッドリアクティブ
コアアトミックコア
RG2.480 (15lbs)
ディファレンシャル0.053 (15lbs)
マスバイアス差0.017 (15lbs)
フレア6+インチ
硬度73~75
2トーンブラック・ソリッド
表面仕上げ3000グリット・アブラロン
取扱ウェイト12~16ポンド
フレグランスレモンブロッサム

メーカー商品ページ

メーカー動画

芦川和義の考察

和義

フィジックスという名前だけで注文しちゃう人も多いんじゃないでしょうか?

今までのフィジックスに使用していなかったNANOスムースと呼ばれる表面素材を使用しています
初代フィジックスフィジックスMニュートロンクリスタルはNRGでした

このNANOスムースはその名の通り、レーン手前はスムースに走ります
連中感からバックエンドに関してはコアの力も相まって力強く向きを変えてきます

強すぎない表面素材を使ったことでフィジックスSEが加わったことで、フィジックスだけでラインナップ組めるんじゃないか?と言えるほど幅広くなりました

STORM PHYSIX SE フィジックスSE

8.5

総合評価

8.9/10

走り

7.5/10

曲がり

8.7/10

ピンアクション

9.0/10

扱いやすさ

8.8/10

8.3/10




© 2016 NAGEYO(ナゲヨ)打てる気がするボウリング webマガジン