Brunswick CRITICAL EDGE クリティカル・エッジ

-ボウリングボールカテゴリ:

投稿日:2017.01.31 更新日: 現在レビュー数は(2)

執筆者:芦川 和義

Brunswick CRITICAL EDGE クリティカル・エッジ Brunswick CRITICAL EDGE クリティカル・エッジ

メーカー公表詳細データ(+をクリックで開きます)
 の

  • 抜群の安定感とシリーズ名に相応しいフックモーションは、初代「ザ・エッジ™」をモチーフとしたコンセプトのもとに開発!
  • ブランズウィック社の幾多のカバーストックからチョイスしたのは、記憶にも新しい2016年のビッグヒットボール「カンタム™」シリーズにも使用した「PK2016」
  • コアには初代にも使用された中慣性の「エッジ・中・RG・シンメトリックコア」を採用しました
  • この抜群のマッチングはオイルゾーンでグリップし過ぎることなくスムーズなスキッドを生み出しつつ、ドライゾーンでの過剰な反応を極力抑えコントロール性に優れたスムーズなバックエンドリアクションへとつながります

ボールカラ―ブラック・レッド
カバーストックパワーコイル2016ソリッド
コアマスターマインド・ウルトラ低・RG・コア
表面加工#500マイクロパッド→#2000→ロイヤルシャイン
硬度73°
RG Max2.590・15P
RG Min2.538・15P
RG Diff0.052・15P
RG Asy0
フックP200・MAX:260
レングス150・MAX:235
ブレイクPS115・MAX:150
フレアP0.052・MAX:0.060
フック7.0
スキッド5.5
バックエンド7.5
ウェイト13P〜15P
適性レンコンミディアムドライ〜ミディアムヘビー

 

今回の江頭インプレッションの途中に出てくるカバーストック(表面素材)とコアの強さをグラフにしたものがメッチャクチャわかりやすい

江頭インプレッション サンブリッジ

こーゆーのを待ってました

コレがあれば、今使っているボールと、欲しいボールの比較ができるか次の玉を買う時にも便利

もっと言えばどのくらいの強さの物が自分に使いやすいのかも見えてきますね

 

かずよし

エッジファンは多いですよね

残念ながらエッジシリーズはコレで終わりだそうです

パワーコイル2016と言われる表面素材ですが、20年以上前にブランズウィックが大ブレイクした時の素材の現代版です

やっぱり時は経ったとしても良いものは良いんですね

いろんなレンコンでも使い勝手良いぞ!

Brunswick CRITICAL EDGE クリティカル・エッジ

5.2

総合評価

7.2/10

走り

5.5/10

曲がり

4.9/10

ピンアクション

4.6/10

扱いやすさ

4.8/10

4.5/10




Copyright© NAGEYO(ナゲヨ)打てる気がするボウリング webマガジン , 2018 All Rights Reserved.