プロボウラー

ボウリング従事者の交通事故と誠意無き下衆対応

投稿日:2019.03.31 更新日:

執筆者:NAGEYO 編集部


ボウリング従事者事故

2019/04/04更新 本人声明発表

先程、本件本人とその運営会社による発表がありましたのでお知らせいたします。

なお当記事にて触れていた中で事実と違う事が含まれている旨が記載されています
NAGEYOでは被害者の方本人のお話を元に実名無しにて発表いたしました、聞いていた部分と違うと言う箇所も触れられております

現状どちらが正しいのかは当事者でしかわからない状態です。

当記事の内容が不適切であり事実と全く違うのであれば、ここにお詫び申し上げます。

尚、どちらの言い分が正しいのかに関して双方の折り合いが付き、その結果が当記事と違うのであれば、当記事は直ちに修正させていただきます。

以下加害者発表全文

交通事故に関するご報告 | 中村美月 オフィシャルブログ

交通事故に関するご報告
2019年4月 4日
先日、私、中村美月が交通事故を起こしましたことをご報告いたします。事故の当事者として、被害に遭われた方へは誠心誠意を尽くしていく所存です。現在は、代理人である弁護士を通じて、被害者様の代理人と協議を進めておりますので、ご報告がこのタイミングになりましたことを深くお詫び申し上げます。

以下、端的に事故直後の状況について説明させていただきます。
私が自動車を運転し、交差点にて自転車と接触しました。事故の発生直後は、同乗者がすぐに被害者様の元に駆け寄り、安全な道路脇まで移動したうえで、私が警察に電話にて届出を行いました。その後、正確な状況をお伝えするべく、現場での警察による見分について同乗者と最後まで立会いました。事後対応については、任意保険が未加入で自賠責のみでしたので、被害者に対する適切な対応をするべく、事故翌日からは代理人を通じて協議を進め、本日に至ります。

なお、代理人同士の話し合いの最中にも関わらず、ネット上で本件に関連する内容が取り上げられており、事実と異なる記載が拡散されております。かつ個人情報に関する記載によって、家族や関係する方々への連絡が多くきておりますので、今回このような形で説明させていただくことといたしました。

いずれにしましても、事故を起こした件については事実です。任意保険の更新を怠った点については、車を運転するものとしての自覚が足りず、猛省しております。心から反省をし、被害者様の一日も早いご回復のために、これからも誠意をもって対応をしていく所存でございます。

いまは被害者様への誠意を尽くすことが第一ですので、プロボウラーとしての競技参加は当面の間自粛いたします。今後のプロボウラーとしての進退については、追ってご報告させていただきます。

中村 美月

引用:ランクシーカーブログ

会社の声明

本件、今騒ぎ立てる事で被害者の方の落ち着きが害される事を一番懸念いたします
全ての話し合いが住んだ後で良いので、直接お話を聞かせて頂きたいの事、改めてここに依頼させていただきます。

ーーーーーーーーーーーーーーー

本日はけしてボウリングがうまくもならないし打てる気もしない内容です

突如として編集部に入ってきた情報とその後把握した詳細をお知らせいたします
事故は3月某日都内某区にてボウリング関連従事者Nによる自動車と自転車の人身事故が発生
yahooニュース・トピックスで出てもおかしくない内容です
普通であれば起こってしまった事は仕方ない事から被害者の早い回復を願いますとしか言いようが無いのですが、本件、加害者Nと同乗者Kは発生後の応急救護はおろか警察の手配、救急の手配も無し被害者が連絡をしてくれとの事を訴えようやく通報した状況だったそうです
挙句の果てには自身達の素性を明らかにする事すら渋ってだんまり決め込んだと言うとんでもない事故

更に運が悪い事に、駆けつけた警察はことの重大さを放置し帰ってしまったとの事

やる気ない警察?と さらなるサプライズ

ここで気になるのが同乗してたとされるボウリング関連事業者Kの存在、事故後とっとと現場から立ち去ったと言うから驚きます
怠慢すぎる警察の対応から紐解く勘ぐりとなりますが、この人物が何かしら都合のいい事を吹き込んで撤収させたのではとも感じます

また驚くべき事は更に続き、この加害者Nの運転する車は任意保険非加入の「無保険」ととんでもない状態、当然保証に関してのお話は無保険な以上加害者本人が責任持って行う必要がありますが、ここでも耳を疑う事が起きたそうです

当日帰ってしまった警察に後日へ出向き調書作成の人身事故としての扱いにしてもらったそうです。
この調書にて加害者の本名フルネームが判明

めっちゃ怪我してるのに物損

現場からとっとと姿を消した同乗者Kは会社へ向かい、加害者Nからはまさかの「物損事故」にしてもらえないかとの提案を被害者へは受けたとのこと
通常の思考回路の方ならこの提案をする思考回路が理解できないはずです。

音信不通って

事故後すでにかかってる治療費に関する話等のらりくらりの加害者N、その後加害者Nも弁護士を立てた旨の連絡を最後に本人とは音信不通
のらりくらりな対応な上に無保険でただでさえラチ空かない相手に弁護士介入との連絡を受けた被害者、円滑な保証や示談交渉を歓迎した事でしょう
しかし窓口となった弁護士も被害者救済の感覚は一切感じられない対応を受けてるとの事です

ゲスの極み対応

今回本記事を公開するにあって、通常起こった事故なのであれば起きたことはしょうがない当事者で円満解決でしょと思うだけなのですが、事故後の加害者の対応が酷すぎる事で公開する事としました
加害車両の同乗者で即消えたKは加害者Nの上司に当たる者且つ現場近くのマンションで同居の間柄、加害者本人に対し同乗者である事との他に管理監督責任の有る者のはずなのに被害者に対し謝罪の面会も何もないそうです。
各種スポーツに並べてボウリング業界内ではなかな大きな事を吹いてる人物、そんな大きな事を言ってる以前に目の前で起きた自分の管理するべき事案を放置するのは頂けない限りです

個人的に言えば男として女置いて消えるとかってのが一番意味わかんないですが。。。

一日も早く被害者の方が何の心配もなく治療に専念し完全回復することを願います
また加害者とその関係者は誠意的な対応をいち早く行うことをあわせて願います
本件の進捗は引き続き追っていきます

被害者の方が満足する解決案を誠実に実施され我々が続編を出さないで済むことを望みます

2019/04/02追記 その後

その後多方面からの収集した情報を整理する中で、気になる部分がちらほら出てまいりました
本件どうやら加害者側から違った内容が上がってきています、ただその内容が要所要所異なる場合もあり訳がわからない状態、こうなるとその違うとされる部分は当事者に聞くのが一番ですので、これら情報を確認すべく加害者本人へヒアリングを試みていますが現在、音沙汰ない状態で実際のところはどうなのかは不明です

そんな中、被害者の元へ代理人弁護士から「早期解決」の打診が来たとの事を受け、今後可及的速やかに話し合いが行われる事が確認されました

もやもやの中急展開ではありますが、被害者、加害者の話し合いが進む段取りがついたのであればそれに越したことはありません

起こしてしまった事故の事実は動きません加害者は今後「行政処分・刑事処分・民事処分」とそれぞれ独立した処分を受ける事になります、起訴か不起訴で状況が大きく変わってくる事でしょう、その為にも被害者さんとのコミュニケーションは重要な要素のはず誠意的な対応で双方が納得できるものとなることを願います。

最後に

本件、どっかの段階で加害者側から何かしらの声明が出されるのかはわかりません
一つ言えるのは、狭い世界だとしても顔と名前が世に出ている者であれば常に人の目がついて回ります
これが特に人の目が向いてる状態だったとしたらちょうどいいネタでしかなくそこには何でも出したもん勝ちの所ばかりが集まります
そうなってからでは遅いでしょう。
幸いかな今このボウリング業界は外からそれほど目られていません
ただ些細な噂話に尾ひれついてどこまでも行ってしまう特性を持つこの業界、独り歩きする情報を正すには自らのアクション起こす他方法は無いでと筆者は感じます
もし被害者側からの正当な言い分があるのであればちゃんと自分の口から声明を出していただきたいと感じます
我々の元へ実名を等のメッセージが数多く来ますが被害者の方との折衝が進むのであれば我々で公にする必要は無いと考えています

交通事故は突如起き誰もがいつ加害者にも被害者にもなりえる物です。

大金持ちで何が起きても200%対応できる人であれば任意保険非加入でも良いのでしょう「任意」と言うだけあって入ってない事が違法ではありません、しかし保障の事や交渉の事踏まえて無保険と言う事実で被害者が感じる不安感は半端ないでしょう、そう考えると運転するなら必ず必要な物なはずです。
そして企業は従業員の保険加入等の指導を徹底し監督する責任があるはずです。

ボウラーは車移動が日常な方が多い世界です、万が一のためにも自動車保険は確実に入りましょう!


  • この記事を書いた人
  • 最新記事
NAGEYO 編集部

NAGEYO編集部

ボウリングが大好きな集合体、実力はピンキリ それぞれの持ち味活かした記事をリリースします。





-プロボウラー
-, , , ,

Copyright© NAGEYO(ナゲヨ)打てる気がするボウリング webマガジン , 2019 All Rights Reserved.