記事検索

オススメ





オススメ

人気記事
2017宮崎プロアマオープン

決着!2017宮崎プロアマオープントーナメント 最年少プロボウラーのその後 (UPDATE 2017.05.03)

2017宮崎プロアマオープントーナメントが決着しました 優勝は久保田彩花21歳 若い力が大会を動かした今回の大会最年少プロボウラー2名の結果はいかに? 優勝者インタビューもあるよ

2017宮崎プロアマオープントーナメント 田代小夏

2017宮崎プロアマオープントーナメント最終日編 こなっちゃんはどーなったのか!? (UPDATE 2017.05.05)

密着取材していた田代小夏が最終日に進出したこともあり、急遽宮崎記事3部作となりました こなっちゃんの最終日の戦いぶりを御覧ください 注目ジュニアボウラーのインタビューもあるよ

2017年4月 ボウリングボール情報

4月のボウリング用マイボール発売ラインナップ情報まとめ (UPDATE 2017.04.30)

GWに突入しておりますが、皆さん投げてますか? 普段行かないボウリング場に行くも良し、彼女彼氏とデートするも良し! 新しいボールをドリルするも良し! そんな方におすすめの記事「ボール情報」です 和義コメントもチェックしてくださいね

ロバート・リー 道具箱

松本妃永の「●●見せて!」vo31 ロバート・リー (UPDATE 2017.05.12)

松Pの人気シリーズが久々に登場 道具箱の中身を見せてもらうだけならず、ビジネストークや日本と世界のボウリング事情にまで話は広がって行ったー

PR


おすすめショップ




I see in English

今年の7月5日に開幕し動き出したPBAリージョナルツアー

そして約2週間後にはスコーピオンオープンが開催されます

この計4戦の締めくくり総まとめ的な大会が来年1月15日より開催、その名も

DHCカップ PBAジャパン インビテーショナル2015

主催であるJBP社からアナウンスがあったのが10月18日

【開催のご案内】を拝見し速攻理解できた事は開催日2015年1月15日~18日に品プリと東京ポートの2会場

そして

  • 優勝500万
  • ナゲルマン 優勝
  • 賞金総額が2300万
  • ナゲルマン 優勝

その他重要そうな所を読み解こうと試みたものの【開催のご案内】読めば読むほどカナリややこしい・・・

これは自力で読み解くより聞いた方が早いだろう事から得意の問い合わせ」を敢行

回答して頂頂いたのは♪育って来た環境が~違うカラー♪でお馴染みまさよしポイJBP吉田樹仁亜さん

 

吉田樹弐亜

マイク持ってる姿がやっぱマサヨシな樹仁亜さんに説明頂いた事を踏まえ来年早々のデッカイイベントを紹介して参ります

 

この大会本戦出場枠は全部で32名この32名の内海外選手が16名日本から16名の計32名となります

日本と海外の各16名を4人一組とし計4チームに振り分けながら選出されます

※2014/11/06更新

GEICO PBA World Series of Bowling VIが3日に終わり上位11名の本大会へ出場するの外国人選手が確定しました

1位:Wes Malott、2位:Mike Fagan、3位:Ronnie Russell、4位:Todd Book、5位:Stuart Williams、6位:Sean Rash、7位:Scott Norton、8位:Shawn Maldonado、9位:Eddie VanDaniker Jr.、10位:Dom Barrett、11位 Patrick Girard

そして女子トップのLiz Johnson、PBAポイントランキング1位のJason Belmonte、JAPANCUP 2012優勝者Mika Koivuniemi、世界大会アメリカ男子代表Chris Barnes

出場の方々のチーム分けは以下の通り(KPBA推薦枠のみまだ未定、また入国の都合で変更なる場合あり)

 

ボウリング 海外出場選手

==更新ここまで==

来日する外国人選手は

海外選出の選出は現在アメリカラスベガスで開催中のGEICO PBA World Series of Bowling VI

※現在、土屋祐佳小林哲也加藤祐哉日置秀一ロバート・リー が参戦中です

このポイントランキングから決定され4名✕3チーム計12名が選出されます

もう1チーム4名はPBA推薦枠とし先の12名以外で3名、KPBA推薦枠1名の計4名となり

合計4チーム16名となるそうです

結構な大物が揃って日本入りする事間違いないですね

海外勢の豪快なボウリングが間近で見られると思うと今からワクワクします

2014/12/03更新

さて気になるのは日本選手チームとなる16人、こちらの選出は現在1名が確定1名がほぼ確定の状態です

日本勢の出場メンバーには団体推薦枠が設けられており各団体とスポーンサー枠の確定が公開されました

謎に【未確定】のままのリージョナル枠1名分を除いて1月15日の予選通過者以外の選手勢が確定した状態です

2015/01/16 更新

DHCカップ PBAジャパン インビテーショナル2015 日本メンバー

現在確定している各チームのメンバーは以下の通り

2015/01/15のプロチャレ兼予選会にて6名の進出者が加わり本大会出場選手は

 

16日の初戦はダブルスから開始、気になるペアはコチラクリック

========↑更新ココまで============

JBCからの吉田さん、そうですちょっと前に終わった仁川(インチョン)アジア大会銀メダリスト、NBFから山崎さんはNBFの全日本選手権で優勝された方、ABBFの高橋さんは59歳北海道から参戦、ABBF主催大会のアベレージ部門8年連続トップと言う方、パーフェクト記録61回って(・∀・)

DHC推薦からはちょうど一昨日触れたLBOのツアーにてベストアマとなったこともあるJBC和歌山のユースナショナルメンバー和歌山国体にむけて練習練習に明け暮れてる間只中との事

時代は2014年IT化が進現代、ちょうど良く亀島愛永さんに意気込みも聞けちゃいましたのでまんま公開w

どんっ

亀島愛永 Twitter

NBF・ABBFこの2団体に関してはNAGEYOで扱った事も無く未体験ゾーンですので結構楽しみです

 

  • 予選勝ち上がりチームA:DHC秋吉夕紀
  • 予選勝ち上がりチームB浦野実紅

選考基準は以下の通り、海外同様4人1チームとし4チームにて選出されます

  • PBA リージョナル枠:ポイントランキングから4名決定
  • 団体推薦チーム枠:JBC/NBF/ABBFから各1名とスポンサー推薦1名の計4名
  • 予選勝ち上がりチームA:1月15日開催される予選大会上位3名とスポンサー推薦1名の4名
  • 予選勝ち上がりチームB:11月8日開催女子スコーピオン優勝者1名と1月15日開催される予選大会4~6位の計4名

また今大会のオイルパターンはこの大会専用にPBAが作ったと言う

DHC PBA JAPAN INVITATIONAL2015 PATTERN

名前が長い・・・

このパターンがどんなものかというと↓こんなですオイル総量28.4mL

DHC PBA JAPAN INVITATIONAL2015 PATTERN

※↑クリックで全体表示します

このパターン図を見てアタリの付け方はレンコンマスター酒井氏の記事を参照くださいね

ここでお知らせです、来年のこの大会に出場する方は勿論、1月は行けないけど投げてみたいって方、12月23に埼玉県入間市にあるPBA フジボウルにてこのPBA DHCうんちゃら2015パターンを用いた

PBAミニ・リージョナルツアー PBAインビテーショナル・ミニオープン

また長い・・・

14:00集合お弁当付き\5000-、このミニリージョナルは賞金では無く、相当の商品券や物にて表彰するそうです

優勝で\50,000相当の物、30位\1,500相当で総額20万円、1月の予選出場者は予選を前に練習がてら、予選の出場を迷ってる方は物は試しにこれに出てみるってのは如何でしょうか?

すでにエントリーは始まってるそうですのでご興味ある方はフジボウルまで電話申込をどうぞ

フジボウル:04-2934-5656

ちなみにこのリージョナル、ミニとは言えリージョナルとの事ですので、編集部からはなんだかんだ毎回賞金獲得しているコノも参戦します

芦川和義 リージョナル

このミニリージョナルの会場となってるフジボウル、突如現れた感がある会場ですが、リージョナルでお馴染みJBP社が先月末から営業はじめたと言うボウリング場、うらやましい!NAGEYOも欲しい!

JBP社と言えばPBA、当然JBPならではの企画が行われているそうで現在真っ只中のPBAカメレオンパターン4G800シリーズ打つとゲーム代(1300円)タダと言う【打てるもんなら打ってみろ】企画平日夜開催等面白そうなボウリング場のようです

埼玉県入間市小谷田1262 フジボウル FUJI BOWL

埼玉県入間市小谷田1262 フジボウル FUJI BOWL

1月開催のPBA外国人勢と投げられる数少ないプロチャレ兼予選も絶賛エントリー受付中です

そちらは本ページ下の方で特典付きエントリーが可能ですよ

更新ココまで

PBA リージョナル枠

この4名に関しては今年開催のリージョナルツアー参加者に順位に合わせ付与されてるポイント

このポイントの累計数の上位から4名が選出されます

既にポイント数で11月9日のスコーピオンオープンを待たずして累計41539pt土屋佑佳 が確定、さらに累計24138pt鶴見 亮剛がほぼほぼ確定の状態

このリージョナル枠は残すは2枠

11月9日優勝すれば確定、既存ポイント4000ptぐらいまでの方が当日の自分の順位自分より上の人の順位次第でまだチャンス有りのようです

各自の現在のポイントランキングはコチラ、ポイント振り分けはコチラ

女子であれば、11月8日開催のDHCカップ PBAウィメンズスコーピオンオープン優勝で勝ちあがりBに入り込めるのでコチラが凄く近道な大チャンス分となります、この11月8日分はまだ受付中ですので挑戦お待ちしております

団体推薦チーム枠

こちらは上記記載の団体に所属している方から各選出されるもの、11月9日の結果が残念だったとしても「選ばれろ」と言う強い思いがあればなんとかなるかもしれませんね(・∀・)

予選勝ち上がりチームA・予選勝ち上がりチームB

1月15日に開催される予選大会の上位6名が選出されます

11月9日残念でもこの予選会で6位までに入れば確定です

またこの予選会は海外チームである16名が参加するプロチャレイベントも兼ねており、PBAトッププロ達と投げる良い機会でもあります

海外チームの16名に関しては選考基準となる順位には含まれず国内エントリー者の中から上位6名となります、また本予選兼プロチャレはリージョナル枠で確定した者も参加可能ですが既に確定した者が6位以内に入った場合は本戦通過順位が繰り下げられるそうです

因みにこの予選プロチャレ288名+海外16名とだいぶ大所帯な予選兼プロチャレとなりそうです

288分の6・・・なかなか過酷ですw


出場するための道を解説いたしましたので本戦自体を紹介します

本大会では「シングルス戦」・「ダブルス戦」「4人ベーカー戦」そして「スペシャルエキシビション」この4種目で構成されております

シングル戦

なにを隠そう!そのまんま、32人が

500万 賞金

↑優勝500万を手にする為に切磋琢磨する戦いです

 因みに私なら帰りにちょっと足でちゃうけどHUBLOT ビッグバンPGフルダイヤを買います

ダブルス戦

こちらは優勝60万 相方と力を合わせて30万づつ持って帰れるよう頑張る戦いです

因みに私なら帰りに銀座寄って飲み切ります

ココで気になるのが誰と組むのか?

ペアに関しては完全に運営側が行う抽選だそうです

2015/01/16更新

16日からの本大会一発目はダブルスから開始このダブルスのペアは海外選手とのペアを組み繰り広げられると言う趣向

気になるペアはと言うと↓

PBAインビテーション ダブルス PBAインビテーション ダブルス

  • ウェス・マーロット・土屋佑佳

  • マイクフェーガン・鶴見亮剛

  • ロニーラッセル・中嶋由美

  • トッドブック・石嶺尚

  • スチュワートウィリアムス・浦野実紅

  • ショーンラッシュ・吉田大祐

  • スコットノートン・山崎敦敬

  • ショーンマルドナルド・高橋浩一

  • エディーヴァンダニカー・秋吉夕紀

  • ドムバレット・亀島愛永

  • パトリックジラード・清水弘子

  • リズジョンソン・和田翔吾

  • ジェイソンベルモンテ・ヤンヒョンギュン

  • クリズバーンズ・藤村隆史

  • ミカコイブミエミ・安里秀策

  • チョヨンソン・内藤真由美

16日はこのダブルスとシングルス戦が繰り広げられます

4人ベーカー戦

こちらは優勝120万 一人頭30万の為、団体行動となるのではぐれないよう打ち上げる戦いです

本戦選出時に振り分けられた4人1チームが自分のチームとなりますので昨日の敵は今日の友的な

くどいですが私なら帰りに六本木で飲み切ります

スペシャルエキシビション

こちらは優勝50万 シングル戦の結果、海外・日本と別け各上位5名合計10名によるラストマン・スタンディング

全員同じレーンにて1投ずつ投げより多くピンを倒した者が勝ち残り最後の1名になった者が勝者

これもヤハリ六本木で飲み切りコースです


この大会のワクワクポイントは賞金関係がバブリーな所

まず本戦に出場した段階でシングル戦の最下位32位で10万円は間違いなく獲得

ダブルス戦、は全16チーム中5位タイ(8位)で5万円

4人ベーカー戦も全8チーム中4位10万円

なんと50%

更にパーフェクト賞がなかなかゴッツイ、シングル戦20万ダブルス4人50万、何より決勝でのパーフェクトはもう500万

シングルで決勝でサクッと300出してー

そのまま優勝してー

ダブルスでもサクッと300出ちゃって

そのまま優勝して-

4人ベーカーでメンバーが300出しちゃったりしてー

結果優勝しちゃってー

もうこうなったらそのままヤナセへ行くしかないですよ

 

最低10万円の賞金+50%で賞金圏と言う配分枠なかなかいい条件ではないですか!

是非出場したい!

スポンサー推薦枠をどうにか狙うか?・・・・

一般予選から本戦へ上がれるのは6名

なかなかの狭き門ですが本戦出場はだいぶ激アツな大会です


この度JBP社から発表された【開催のご案内】の初頭部分

  • 我が国のボウリング団体(JPBA・JBC・NBF・ABBF)様には、精鋭 32 名で争う本戦出場(賞金 100,000 円)が確定する推薦枠(JPBA=4 名、JBC・NBF・ABBF=各 1 名)を設けると同時に、大会の承認また は協力の了解を得てまいりました。ただ、残念ながら JPBA(日本プロボウリング協会)様にも、誠心誠 意折衝を重ねてまいりましたが、この大会の主旨をご理解いただけなかったようで、9 月末現在、承認も しくは協力の回答をいただけておりません。
  • JBP DHC カップ PBA ジャパン インビテーショナル 2015 開催のご案内 抜粋

こんな賞金てんこ盛りで尚且つ海外TOPプロも多く来る大会なのにJPBA会員は出られないと言うこの悲しさ、日本プロトーナメント去年日本チャンピョンや今年今現在勝ちまくってるプロ達が出るってだけで話題性有りでワクワクするのに・・・国内プロの大活躍する所が見たい

これはボウリング大好きな者の総意ではないでしょうか?

そうなると個人的に注目したい所は「世界で勝つ」を掲げるJBC選出枠の誰か?誰が出てくるのかとPBAトッププロに対してどんな戦いが出来るのか?

来年1発目のビックイベント、会場観戦しないわけには行かないです

本ページにて現在未定となってる出場者は確定次第追記し発表して参ります。

また、予選会兼プロチャレの申込は来月中旬ぐらいとの事ですので詳しいことが判明しだい合わせてご案内いたします

 2014/11/12更新

PBA選手陣プロチャレ兼予選大会エントリー開始

JBP社からサクッと予選のエントリー受付が開始しました

ここまでの本大会の仕組みを読んだ方はもうご存知のことでしょ

一般からの本戦への出場の切符はこの予選を6位以内で突破するしか無いです

ただこの予選、来日中のPBAプロ達とのプロチャレ兼予選と言う趣向、こんだけの海外選手陣と投げられるチャンスはなかなか無いので貴重な体験となることは間違いないでしょう!

同BOXの場合すさまじい玉をバッコンバッコン投げられてしまうのでコンディションがって心配も(・∀・)

本戦への出場は上位6名ですがこの6名にはすでに出場が決まってる日本選手とPBA選手は除きますのでご安心を!

本戦進出目指して打ちまくってください

DHCカップ PBAジャパン インビテーショナル2015
受付終了済

 

その他のエントリー方法は以下のとおり

メール  申込書の内容を記載の上regional@japanbowlingpromotion.com
FAX  申込書に必要事項を記入の上049-270-7485へ送信
郵送  申込書に必要事項を記入の上〒350-0212 埼玉県坂戸市石井2195-1へ
電話  049-290-3255 受付時間は、平日AM10:00~PM5:00

申込と合せてエントリーフィーの払込完了で正式なエントリー完了と言うことですので

申込と合せて早め早めに振込対応が必要です

 

エントリーフィーの払込先は

 

みずほ銀行 石神井支店(226) 普通口座 2345907 
カ)ジャパンボウリングプロモーション

 

エントリー完了後、申込時に入力したE-mailアドレス宛てに、ユーザーID/パスワードが送信されるとの事

このユーザーID/パスワードはJBPの大会専用ページの【参加者専用ページ】にログインすることができます

この参加者専用ページでは、参加者一覧やシフト抽選と言った出場者の為の情報が閲覧可能との事です

既にエントリー完了したがID/PASSが届かない、申込時にアドレス書き忘れたと言った場合は

regional@japanbowlingpromotion.com】又は049-290-3255(月~金 10:00~17:00)へご連絡くださいと案内されております

携帯アドレス(@docomo等)でエントリーしている場合で迷惑メール設定をONもしくはPCからのメールを受信しないに設定している方は

オフィシャルには記述無いですが念のため[japanbowlingpromotion.com]このドメインを許可設定しておく必要あります。

またauのアドレスの場合は特にメール不着が多々起きるのでお気を付けあれ(一般的に)

著者:雄 (編集部) >>NAGEYO記者の一覧を見る

関連記事



スマホ版のサイトを見る